「酢豚」のことを特別に思っている人って、たくさんいるんだろう。昔の体験や固定観念とかが、「卵焼き」と結びついてしまうことも、よくある話って言われそうだし。

月と滝の幻を少年は見た

「酢豚」のことを特別に思っている人って、たくさんいるんだろう。昔の体験や固定観念とかが、「卵焼き」と結びついてしまうことも、よくある話って言われそうだし。

ページの先頭へ戻る

気分良く自転車をこぐ父さんと俺気分良く自転車をこぐ父さんと俺

オフィスで勤めていた時の先輩は、社長の娘で、これぞセレブそのものだった。
小さくて素直でテンションが高い、動物大好きな先輩。
動物愛護団など設立して、しっかり活躍をしているようだった。
毛皮着ない、ベジタリアン、動物実験取りやめ賛成。
一回、マンションに遊びに行ったことがある。
都心にあるマンションの最上階で、六本木ヒルズが見下ろせる場所。
その先輩、人懐っこくて清潔なシャム猫と同棲していた。

どんよりした木曜の深夜は冷酒を
昨年までまったく存在を知らなかったが、水について大丈夫なオムツなるものが販売されていた。
都市部では、そのオムツを着けて入れる所と入れない所があって違うらしい。
むろん、プールに入っている人から見れば、特殊なオムツでも小便など含んでいるオムツで同じところに入られたら、気持ち悪いだろう。
とはいえ、親としては、入れてあげたいとも思う。
だけれども、しかし、逆の立場だとしたらめちゃめちゃ不快だ。

のめり込んで叫ぶ君と夕焼けのめり込んで叫ぶ君と夕焼け

スタートさせたら、仕上がるまでに時間を要するものが、日本中にたくさんある。
やはり、外国の言葉だろうとみている。
しかし、お隣の韓国の言葉は、例外的で、日本の言葉と同じく、SVOで、さらに発音も似ているので、わりと習得が早いとか。
昔、韓国語を勉強した友達の明日香ちゃんは、今から始めても早く学びやすいので飽きないよ、とのこと。
なんとなく参考書でも読んでみようかなあ・・・と思ったけれど、独特な韓国語の文字は絵にしか見れない。

雲が多い水曜の日没はシャワーを
一眼も、マジで好きだけれど、また例外的と言うくらいお気に入りなのがトイカメだ。
2000円持っていれば取っ付きやすいカメラがすぐに所有できるし、SDカードがあればパソコンでもすぐ再現できる。
現実味や、奇跡の瞬間をシャッターに収めたいなら、レフがぴったりだと思う。
しかし、漂う空気や季節らしさを撮りたいときには、トイカメラには他のどれにも歯が立たないと推測する。

月が見える休日の明け方に昔を懐かしむ月が見える休日の明け方に昔を懐かしむ

恐ろしいと感じるものはたくさんあるけれど、海が一番怖い。
しかも、沖縄やフィジーなんかの淡い水色の海ではない。
それ以上の恐怖は、日本海などの黒い海だ。
ついつい、水平線に囲まれている・・・という状態を想像してしまう。
気分だけ味わってみたかったら、open water という映画が持って来いだと思う。
スキューバーで海に置いてけぼりの夫婦の、会話のみで展開していく。
とりあえず、私にとって怖いストーリーだ。
もちろん、起きてもおかしくないストーリーなので、恐怖は大変味わえる。

月が見える休日の夕暮れは目を閉じて
子供の3歳の誕生日が近くて、誕生日プレゼントをどういったものに決めようかを迷っている。
嫁と相談して、体で遊ぶ遊具か知育玩具か着るものなどにするかを決めようとしている。
考えてばかりでなかなか決められないので、実際に見に行って決めることにしたけど、ピンとくるものがない。
だけれど、こどもに見せてみたら、以外と簡単に決めることができた。
すべり台に一生懸命だったので、これに決めた。
ただ、今のマンションが小さいので、一番小さな折りたたみ可能なものにした。
価格が、わりと安かったので、助かった。

のめり込んで大声を出す家族と履きつぶした靴のめり込んで大声を出す家族と履きつぶした靴

久しく行ってなかった出張の時、初めて仕事で一緒に過ごしたAさんという男性は、大柄な男性だ。
入社時に会った時以降貫禄があり、業務以外のお話は少しもお話したことがなかった。
この前、なんとなくAさんの袖をまくった手首を拝見して衝撃を受けた!
大きな天然石ブレスが何連もつけられていたから。
咄嗟に、パワーストーン興味があるんですね!と出てしまったほど。
するとAさんは得意げに、しかもやさしい顔で、種類別のストーンの名前を教えてくれた。

寒い仏滅の深夜に友人と
しかもお客様は、ほとんどが日本からの観光客という状態だったので、その光景にびっくりした。
買い物中のお客さんは、ほぼ買い物目的の日本人という状態だったので、その雰囲気にも驚いた。
なんでも、韓国コスメは肌が若返る成分が豊富に使用されているとか。
もちろん、スキンケアにも興味はあったけれど、店番の人の言語能力にも感心した。
少しだけなのかもしれないが、日本語が充分に通じる。
私は、勉強した韓国語を使うチャンスだと思い行った韓国旅行だけど、使わなくても大丈夫なようだ。
仕事で使用するなら、しっかり学べば外国語を理解できるということを知ることができた旅行だった。

暑い仏滅の深夜は窓から暑い仏滅の深夜は窓から

たばこは体調に一利もない。
など、理解していても購入してしまうものらしい。
以前、仕事で出会ったIT企業の社長である年配の方。
「私が元気なのは、タバコと焼酎の力です」なんてハッキリ言っていた。
こんなに堂々と言われると、ストレスのたまる脱ニコチンはしなくてもいいのかもな〜と思う。

無我夢中で吠える姉妹と花粉症
家の近くのスーパーで食料品を探していた。
冷食のcornerフライドポテトをさがしていた。
そしたら、ハングルで表記されている冷凍食品を探し出した。
良く見ると、トッポギだった。
最近、釜山へ遊びに行ったときに、何度も韓国を渡航している親友に勧められたのがトッポギ。
海を越えた日本で冷凍食品になって、あのトッポギが購入できるなんて、心外だった。

Copyright (c) 2015 月と滝の幻を少年は見た All rights reserved.

●コンテンツ