あなたが感じている「開発者」と、みんなが考えている「恋」は、もしかするとまったく違うものかも。そう思ってみると、なんだか変な感じがする。

月と滝の幻を少年は見た

あなたが感じている「開発者」と、みんなが考えている「恋」は、もしかするとまったく違うものかも。そう思ってみると、なんだか変な感じがする。

ページの先頭へ戻る

雲が多い木曜の朝はゆっくりと雲が多い木曜の朝はゆっくりと

少年は真夜中の3時に起きてしまった。
夏休みもすでに2週間くらい経った夏のことだった。
あまりの暑さに寝が浅かったのだろうか。
扇風機はぬるい風しか送ってこず、ちっとも涼しいとは思えない。

寝れないし、お腹も空いたので、少年はカレーを作る事にした。
冷蔵庫を開け、野菜と肉を取り出し、料理し始めた。
夜が明けそうな時間には、家中に美味しそうなカレーの香りが漂っていた。

息絶え絶えで話す家族と壊れた自動販売機
現在のネイルスタジオは、スカルプチュアなど、かなり難しい技術が駆使されているみたいだ。
ちょっぴり安くなる招待券を譲ってもらえたので行ってみた。
思いっきり、柄やデザインに対して、優柔なので、決めるのに時間がかかった。
親指だけ簡単なアートをしてもらって、感動しご機嫌になれた。

涼しい火曜の午後にお菓子作り涼しい火曜の午後にお菓子作り

めちゃめちゃ甘い物が好きで、甘いおやつなどを自作します。
普通に手で頑張って混ぜて、型に入れオーブンで焼いて作っていたのだけれども、近頃、ホームベーカリーで作成してみた、とても簡単でした。
娘にも食べてもらう、ニンジンを混ぜたり、リンゴを混ぜたり、栄養がとれるようにしています。
シュガーが控えめでもニンジンや野菜の甘味があるから、笑顔で食べてくれます。
近頃は、スイーツ男子という言葉もメディアであるから一般的だけれど、しかし、大学の頃は、甘いお菓子を自分で焼いているいるといったら不思議に思われることが多かったです。
ここ最近は、そんな男性がよくいるねと言われたりします。

気持ち良さそうに跳ねる彼と暑い日差し
さやかちゃんは一見おとなしそうに見られるようだけど、かなりアクティブな女友達。
優しい旦那様と、3歳のけんちゃんと、仲良し3人一家で、ドーナッツ屋さんの向かいのマンションに住んでいる。
一般事務の仕事も子育てもしっかりこなして、多忙だけど、時間の使い方は上手。
ちょっとでも暇を見つけると、今日会える?など必ず連絡をくれる。
私はよく桃ゼリーを買って、さやかちゃんの家に行く。

雹が降った仏滅の夕暮れはこっそりと雹が降った仏滅の夕暮れはこっそりと

関心は全然なかったけれど、運動くらいわずかでもしなくてはと此の程思った。
勤め先が変化したからか、最近、体を使った仕事が大変減り、体脂肪率がたいそう上がった。
それに加えて、30歳になったのも関係しているかもしれないけれど、横腹にぜい肉が醜くついていて、すごくみっともない。
ちょびっとでも、意識しないとやばい。

夢中でダンスする彼女と擦り切れたミサンガ
私は、肌が弱く、ファンデはほとんど出来ないし、スキンケアも限られている。
そこで、果実やサプリメントのパワーに頼ってしまうのだが、最近口にしているのがゼラチンだ。
緑茶に混ぜて、日々飲んでいるけれど、多少は素肌がハリが出てきた。
さらに、飲み始めてから調子が良くなるまで即効性があったので、感動した。

薄暗い水曜の明け方は目を閉じて薄暗い水曜の明け方は目を閉じて

どんなことでもいいので一個の習い事でも習慣でも、ひたむきに続けているような人に憧れる。
ダンスだったり、書道だったり、どれだけ小さな分野でも
毎年一度、いつもの仲間で、いつものホテルに滞在する!というような事も良いと考える。
コツコツ一個の事を続ければ、最終的には実用レベルまでたどり着くことができる。
実は、保育園の時にピアノと編み物の2つを教わっていたが、もっと頑張ればよかったな。
このように思うのは、家のの隅に母に買ってもらったピアノがあるから。
今の自分は全然分からないピアノだけど、時間ができたらもう一回弾きたいとという意思がある。

自信を持って体操する兄さんと霧
たしなむ程度のアルコールのおつまみには、ローカロリーで体に良い物を!と考えている。
最近の酒の友はトマト。
それ以前は鮪。
それにも飽きて、直近では湯葉だけれど、お金がかさむので断念。
今日、新メニューを発見した。
だいたい90円くらいのエリンギ。
小さく切って、ごま油で炒めて、味の素と塩コショウを少々ふりかけて味付た物。
非常に価格はリーズナブルだし、KCALも低い気がしませんか。

風の無い日曜の夜は昔を思い出す風の無い日曜の夜は昔を思い出す

先日の朝刊に、女性の眉に関して、なかなか面白い記事が書き留められていた。
意味を知ると、急に色気まで感じてくるので面白い。
目にするだけでは、不気味にも見えるが、江戸時代では成人女性の印だという。
真相を知ると、急に色気まで感じてくるので不思議だ。

気持ち良さそうに口笛を吹くあいつと俺
ある日、京都や奈良に働きに出かけた。
土地柄非常に暑い!
Vネックのカットソーの上に、スーツのジャケット。
汗をかいてサウナ状態になりすぎて、スーツのジャケットは滅茶苦茶に。
宿泊先にまでついて、仕方なくLUSHの石鹸で洗った。
次の日着るとジャケットはイチゴの匂いがした。
ジャケットがボロくなあるのではないかと心配したけれど、それでも洗うべきだと思っていた。

Copyright (c) 2015 月と滝の幻を少年は見た All rights reserved.

●コンテンツ