「悟り」に関して本や論文を書くなら、どんなことを調べる?「事実」の成り立ちなんかだろうか。それとも、個人的な観点からの見解だろうか。

月と滝の幻を少年は見た

「悟り」に関して本や論文を書くなら、どんなことを調べる?「事実」の成り立ちなんかだろうか。それとも、個人的な観点からの見解だろうか。

ページの先頭へ戻る

涼しい週末の早朝にお菓子作り涼しい週末の早朝にお菓子作り

甘いお菓子がものすごく好みで、バウンドケーキや和菓子を自分でつくるけれど、子供が大きくなって作る甘い物が制限されてきた。
私たちが非常に喜んで口にしていたら、子供がいっしょに食べたがることは当たり前なので娘も食べられるあまり甘くないケーキを私がつくる。
私は、激甘なケーキがとても好きなのだけれども、しかし、娘にはチョコ系などは小さなうちは食べさせたくないのでつくりたくてもつくれない。
ニンジンやリンゴをいれたケーキが栄養的にもいいので、砂糖とバターを少なくして入れて混ぜて焼く。
笑った顔でおいしいと言ってくれたら、とってもつくりがいがあるし、またつくろうと思う。
ここ最近、ホームベーカリーも使用して焼いたりする。
そうしたら、簡単だった。
いつもは、自分で一生懸命混ぜるけれど、ホームベーカリーは、混ぜてくれるし簡単だ。

怒って体操する母さんと花粉症
好きなアーティストはいっぱい居るけど、この頃は洋楽を中心に聞いていた。
しかし、日本国内の音楽家の中で、好みなのがCHARAだ。
CHARAは多数の曲を出している。
代表的なのは、SWEET、いや、VIOLET BLUEとか。
私たちの国、日本さまざまなミュージシャンがいるがチャラは周りに魅力ある個性がピカピカと見える。
日本国内には、海外で曲を出す歌手も数多くいるが、彼女も人気が出るような予感がする。
「あたしなんで抱きしめたいんだろう?」「あたしを無人島に持って行って」
こんな題名が作られることに尊敬する。
ほとんど作詞と作曲も行っていて個人的には、想像力が豊かでカリスマな魅力があると思う。
JAMのYUKIとコラボして作った「愛の火、3つ、オレンジ」も、最高。
似合っていたから。
誰だって一度、思う、思われたい感じの事柄を、工夫して短文で表しているから。
キャッチフレーズコンテストなんかに参加してほしい。

雪の降る日曜の日没は昔を懐かしむ雪の降る日曜の日没は昔を懐かしむ

少し前の猛暑、クーラーの効いた部屋の中で冷えた飲み物をしょっちゅう摂取していた。
私はよく熱中症にかかっていたので、水分を取るのが大事だと思いついたから。
冷房の効いた室内で、キャミそしてアイスティーにカルピスなどなど。
なので、快適だと思い込んでいた猛暑対策。
だけど、寒くなって、いつもよりもっと寒さを感じることが増えた。
部屋の外に出る仕事がしょっちゅうだったこともあるが、寒くてなるべく部屋から出れないという状況。
なので、たぶん、猛暑の中の生活習慣は冬の冷え性対策にもつながると考えられる。
多く栄養を摂取し、均等な生活を送るのが懸命だと思う。

凍えそうな祝日の夜に熱燗を
オフィスで親しくなったOLさんがいる。
ちょっと風変わりな方で、トークの内容がいつも面白かった。
それに加えて、彼女は資格大好きだということ。
ベビーシッターの免許、ネイリスト検定2級、インテリアコーディネイター。
英検1級、調理師免許、そして、元キャビンアテンダント。
公認会計士も持っていると噂。
さすがに公認会計士の件を友人に話してみたところ、あなたの勘違いだと思う、など言われたけれど。
彼女は、30歳年上の上司と結婚し寿退社していった。

具合悪そうにダンスする母さんとあられ雲具合悪そうにダンスする母さんとあられ雲

夏期なので呼び物がとっても増え、近頃、深夜にも人通り、車の通りがものすごくたくさんだ。
地方の奥まった場所なので、日常は、晩、人の通行も車の往来もめったにないが、花火大会やとうろうなどが行われており、人の往来や車の往来が非常に多い。
日常の静まり返っている晩が妨げられてちょっとさわがしいことがうざいが、平素、にぎやかさが少ない地方がにぎやかさがあるようにうつるのもまあいいのではないか。
近所は、街灯も無く、暗闇なのだが、人の通行、車の通行があって、元気があると陽気に感じる。

陽の見えない大安の深夜に立ちっぱなしで
出張業務に出かけると、三日くらい帰れないこともある。
その最中は、やる気はあるけれど、凄く気を張っているので、毎日2時間睡眠。
起床時間のずいぶん前には、眠いのに目が覚める習慣がある。
だけど、帰って来た時のやりきった感は最高だ。
狂ったように豪遊するし、寝るし、贅沢する。

目を閉じて体操する子供と紅葉の山目を閉じて体操する子供と紅葉の山

山梨県は、果物の郷と言われているほど果物の生産が行われている。
日本で珍しい海のない県で八ヶ岳などの山々に囲まれている。
ということから、漁もできなければ稲作も全然盛んではない。
なので、山梨を仕切っていた柳沢吉保が、フルーツ栽培を推進したのだ。
他県に負けない優れている何かが経済を潤すと考えたのだろう。
大きな盆地の、水はけの良さと、山国ならではの昼夜の温度の差はみずみずしい果物を実らせる。

夢中で走るあの人と横殴りの雪
まだ行ったこともないモスクワに、必ずいつか行けたらいいなと夢を持っている。
英語のクラスに飽き飽きした時、ロシア語の基礎を学んでみようかと検討したことがある。
だけど、ぱらぱらめくったロシア語の基礎参考書をみて一日でやる気をなくした。
動詞の活用の種類が半端なく複雑だったのと、私ができない巻き舌。
観光客としてスピリタスとロシア料理を堪能しに行こうと思う。

ゆったりと大声を出す姉ちゃんと月夜ゆったりと大声を出す姉ちゃんと月夜

会社に勤めていたころ、いまいち退職するきっかけがなかった。
かなり辞職したかったという訳ではなかったから。
続ける気持ちがなかったのかもしれない。
だけど、ある日、ハッキリ辞めさせてくださいと話した。
そんな日になぜかは分からないが、普通はかなりまじめだと思っていたKさんが、こっちに向かってきた。
会話の途中で、まったく事情を知る余地もないKさんが「今の仕事、大変だよね。君はもう少しやっていけるよ。」といった。
不甲斐なさで泣きそうになった。
そして、会社の帰りに、会社に退職を受理しないようにしてもらった。

雨が降る土曜の早朝は立ちっぱなしで
あるいつもと違うような仕事がやってきたとき「なんとかなる」と考えていた新米の頃。
当時の自分を含む新米のみんなが「終わってみたら意外に簡単だったりして」など深く考えずにとらえていた。
そしたら指導担当の上司が促した言葉が今でも記憶に残っている。
「成功に向かってしっかり日々を過ごしたからこそ、終わってから無事だっただけの話。
だから、あなたたちみたいに簡単にとらえていて、偶然業務が簡単だったという意味は含まれていません。
過ぎればなんてことないといった裏の意味は、真逆です。
事前にしっかり取り組み準備をしたからこそ、能力が有り余って、仕事がスムーズに進んだと言う事実を表しています。
全身全霊でやる気になれましたか?
甘く見ないで頑張りましょう。」
という事だった。
その後、みんなそれに向けて全力をそそぎなんとか収めきることができた。

Copyright (c) 2015 月と滝の幻を少年は見た All rights reserved.

●コンテンツ