「ゲーマー」のことを好きな人もいれば、嫌いという人もいると思う。無関心な人も。君にとっての「冒険」って、どうなんだろう?

月と滝の幻を少年は見た

「ゲーマー」のことを好きな人もいれば、嫌いという人もいると思う。無関心な人も。君にとっての「冒険」って、どうなんだろう?

ページの先頭へ戻る

汗をたらして叫ぶ家族と冷めた夕飯汗をたらして叫ぶ家族と冷めた夕飯

あまり肉類をそこまで好きではない食べるものはどうしても魚類が主流になってくる。
という事より、真夏の、土用の丑の日は、自分にとっての行事だ。
東の方でうなぎを開くときには、背開きという風習がある。
どういう事かと言うと、古くから武士文化だったので、腹開きだと切腹につながってしまい、タブーなため。
もう一方で、大阪を中心にする場所で開かれる分には、腹開きの事が習慣。
説明すると、西の方は商売の町なので、お互いに腹を割りましょうという事につながるから。
それでも、自腹を切るという言い方にも通じるので、場所によってはタブーの場合も。
説明すると、西の方は商売の町なので、お互いに腹を割りましょうという事につながるから。
それでも、自腹を切るという言い方にも通じるので、場所によってはタブーの場合も。
上のお話は、バス会社で働いていた時に、紹介として、ツアー客に言っていた話です。
上野駅から出発して、静岡県の沼津のうなぎを食べるために向かおうという内容。

雲の無い週末の朝はお酒を
本日の晩御飯は家族と外食なので、少年は下校の時、思わずスキップしてしまうほど嬉しかった。
何を食べようかな、と夕方にはいろいろとシミュレーションしていた。
スパゲッティにピザ、から揚げ定食とかうどんとか、なんてメニュー一覧には何があるのかも楽しみだった。
場所は最近開店した和風レストランだ。
お父さんが運転している車はもうお店に到着する頃だ。
お母さんは助手席でのんびり景色を見ている。
お姉さんは後部座席で、週刊誌をパラパラめくっている。
少年は車から降りると、期待に胸を膨らませて、入り口のドアを開けて皆が来るのを待った。

泣きながら自転車をこぐ友達と観光地泣きながら自転車をこぐ友達と観光地

六本木の水商売のお姉さんを見ると、すごいなーと思う。
それは、磨き上げた見た目、トーク術、それらに対する努力。
お客さんに全て勘違いをさせないで、仕事だと理解してもらいながら、太客になってもらう。
そして、もしかするとコイツ、僕に気があるのかな?と気にしてもらう。
バランスのとり方が、どの仕事よりも難しそうだ。
一番は、私はナンバーワンのホステスさんたちの収入がとても知りたい。

よく晴れた祝日の晩に椅子に座る
サプライズとして親友に貰ったこの香水は、強いフローラルの
ぴったりな瓶で、意識して選んでくれた作品で、大きくなくてリボンの飾りがついていて可愛らしい。
雰囲気も飾りもどんなに大きくいっても華やかとはかけ離れた香水だ。
香水ショップには多くの香水が置いてあったけれど、目立たない場所に置いてあった商品。
容量はほんとに小さい。
上品で重宝している。
外出するときだけでなく、外へ仕事に出るときも手提げに、家での仕事のときもそばに置いている。
という事で、カバンの中はどれも同じ匂い。
だいたいつけているので、そうでないとき「今日あの香りしないね」と気づかれる場合もたまに。
お店で色々な匂いを試すのも好きだけど、この香水は今までで最高に気に入っている。

陽の見えない週末の昼に食事を陽の見えない週末の昼に食事を

「誰が何を言おうとこうで決まっている!」と、自身の価値観のみで人を判断するのは悪ではないと思う。
とは言っても、世の中には、人それぞれと言うものが人の周辺にまとわりついてくる。
その辺を知ると自信を手に入れるのは良い事だけど、強く否定するのはどうなんだろう?と思う。
まあ、これも個人の考えでしかないんだけれど。
厳しい世になるかもしれない。

泣きながら吠えるあの子とオレ
急速にインターネットが無くてはならない物になるとは、中学生だった私は全く予想できていなかった。
品物を扱う会社はこれから厳しくなるのではないかと考える。
PCを使用し、どこより安い物を見つけ出すことが難しくないから。
争いが盛んになったところで最近よく見れるようになったのが起業セミナーや情報商材だ。
現在は、成功するための方法が売れるようにな時代で、何が何だかよくわからない。
手段と目的がごっちゃになってしてしまいそうだ。

喜んでダンスする友人と枯れた森喜んでダンスする友人と枯れた森

よく一緒にいるチカコはなかなか賢い。
頭が良いなーと思わされる。
ほとんど他者を否定したりはしない。
何コイツ!?と感じても、まずはその人の考えも重視する。
そうしているうちに、視野が広がるし、我慢強くなるのだ。
意見を主張し通すよりも、この方が知佳子にとって楽なのかもしれない。
自分が傷つかなくてすむやり方、その経験を次回の糧にするやり方をよく分かっている。

気分良く話す彼と花粉症
「夕飯はカレーよ。」
少年はお母さんのその言葉を耳にした途端、思わず顔をほころばせた。
少年は学校から帰って、ソファーに寝転がってテレビを見ていた。
今日は格別に西日が暑い。
網戸の窓では風鈴がときどきチリリンと音を立てていた。
TVのアニメチャンネルでは、昔の懐かしいアニメを再放送していた。
今日のアニメは「一休さん」だった。
一休さんみたいに頭が良い男の子がいたら、学校のテストなんて簡単なんだろうな、と少年は思っていた。
しかし、鍋のフタの隙間からカレーのいい匂いがにおって来たとき、少年はアニメのことなんて頭から飛んでいってしまった。

どんよりした水曜の夜明けはこっそりとどんよりした水曜の夜明けはこっそりと

テレビを眺めていたり繁華街に行くと美人だな〜と思える人は多い。
顔立ちは、一般的な美人とは言えなくても、個性的だったり、オーラがあったり。
その人の雰囲気は、本人の内面かもしれない。
結構重要だと思う。
私が惹かれるのは歌手の西野カナさんだ。
うたばんを見て初めてインタビューを受けている姿を見た。
なんてかわいいんだろう!と注目せずにいられない。
愛嬌のある顔立ちに、体型もバランスが良く、明るい色がとても合う印象。
会話がほんわかしていて、方言もポイントが高い。
アルバムは結構聞いていたけれど、本人を見てますますファンになった。

のめり込んで吠える兄さんと夕焼け
アンパンマンは、小さな子に気に入られる番組だけど、しかし大変暴力的だと見える。
ストーリーのラストは、アンパンチとばいきんまんを殴って話を終わりにするといった内容が大変多い。
小さな子にも非常に悪影響だと私は思ってしまう。
ばいきんまんとかびるんるん達が、たいしてひどいことをしていない内容の時でもぶん殴って話を終わらせる。
アンパンマンは、ばいきんまんとどきんちゃん達を見たら、やめろといいながらすぐにこぶしを突き出している。
理由を聞かない。
話をするわけでもない。
ただ、殴って話を終わらせるからいつになっても改善されず、毎回同じだ。
想像するのだけれど原作は暴力的でないかもしれないけれど、テレビ受けの内容にする必要があって戦いのシーンをいれてそのようになっているのだろう。

Copyright (c) 2015 月と滝の幻を少年は見た All rights reserved.

●コンテンツ